ポスターダウンロード
【学会ポスターダウンロード】
 

学術集会事務局

埼玉医科大学
国際医療センター乳腺腫瘍科

〒350-1298
埼玉県日高市山根1397-1

学術集会運営事務局

株式会社
インタープラン・コーポレーション

〒150-0046
東京都渋谷区松濤1-28-4
松濤六番館4階
TEL:03-5489-4910
FAX:03-3461-8181
E-mail:jascc2021@inter-plan.co.jp

会長挨拶

第6回日本がんサポーティブケア学会学術集会 会期:2021年5月29日(土)・30日(日)、開催形式:WEB形式で開催、会長:大崎 昭彦(埼玉医科大学国際医療センター乳腺腫瘍科 教授)

第6回日本がんサポーティブケア学会学術集会
会長 大崎 昭彦(埼玉医科大学国際医療センター乳腺腫瘍科 教授)

この度の第6回日本がんサポーティブケア学会(JASCC)学術集会は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が未だ収まらない状況を鑑み、2020年(第5回大会)同様WEB開催にて、2021年5月29日(土)から6月30日(水)の期間、ライブあるいはオンデマンドによる配信そしてバーチャル展示を実施いたします。

はじめに、昨年始まった新型コロナウイルス流行によって、有形無形の影響を受けたすべての方々に対して心からお見舞いを申し上げます。一昨年までの予定では本回は齊藤光江会長のもと、国際がんサポーティブケア学会であるMASCCとの合同学術集会を行うことになっておりましたが、本年のコロナ禍により大幅に変更を余儀なくされました。また、学会の開催形式も従来の形式では多くの変更や様々な対応を迫られることが予測されますので、形式より内容を充実させることに重きを置きたいという思いから本年の緩和・支持・心のケア合同学術大会と同様に完全WEB化方式とさせていただきました。学会のテーマは「がん支持医療の温故知新」としました。これまでに本学会で培かわれた多くのがん支持医療を引き継ぎながら、この度の災禍に見舞われ新たな課題も見つかって参りました。がん患者さんが直面する問題に真摯に向きあい、がん医療に携わる我々が知恵を絞りあって前を向いていくことが必要と考えます。社会全体が新しい生活様式を模索していくなか、形式にとらわれることなく内容のある質の高い議論がなされ実り多い学会になることを期待しております。